大三島分校日記

写真部 2つのフォトコンテストで入賞!

写真部の生徒が、2つの写真コンテストで入賞しました。

1つ目は、カメラの一流メーカーのニコンが主催する「第68回ニッコールフォトコンテスト」です。1年生の眞都君の作品「日常」が入選に選ばれました。

2つ目は、「第9回日韓中高校生フォトコンテスト」です。日本、韓国、中国の高校生が競う写真コンテストです。1年生の寿々さんの作品「コイバナ」が優秀賞(日本報道写真連盟賞)に、3年生開智君の作品「分身の術」が入選に選ばれました。

今後も素敵な写真を撮影していきます。

地域防災

1年生は東京大学羽藤先生とのリモート学習以来、地域防災についての学習を深めています。

今日は、「みくし」(総合)の時間を活用して、1班と3班の生徒が今治市役所大三島支所へ聞き取り調査に行きました。

支所では、防災マップの見方や示されている危険箇所を教えていただいたり、大三島で発生した過去の災害についてお話をしていただいたりしました。

また、支所内の備蓄倉庫にも案内していただき、災害への備えの重要性についても学び取ることができました。

ほかにも、ホームセンターでは災害時に品薄になった商品を調査したり、スーパーでは防災リュックの中身について教えていただいたりしました。

地域の方々の協力を得ながら、少しずつ確実に、地域防災についての学習を深めることができています。

本日、分校生の調査にご協力いただきました地域の皆様、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

夕暮れ後の校内

日が暮れてから校内を歩いてみると、大三島分校の生徒たちは様々な活動に取り組んでいます。

校舎には明かりが灯り、写真右の本館では文化祭に向けた準備や日本遺産関係の映像編集、3年生の進学補習、入試に向けた準備が行われています。

写真左の特別教棟では、1階の図書室では写真部の生徒が、3階の音楽教室では音楽部の生徒が活動しています。

グラウンドへ行くとナイターが灯り、野球部の生徒が元気に活動しています。部員一人一人が大きな声を出して練習に取り組む姿を見ていると、清々しい気持ちになります。

武道場へ行くと、体力づくりトレーニングに黙々と取り組むボート部の生徒が挨拶とともに迎えてくれました。海での練習時間が限られる分、体力づくりに励んでレベルアップしていきましょう!

写真を撮ることができませんでしたが、講堂では卓球部が活動しています。日々の練習の様子を見ていると、県新人大会出場を決めた男子団体だけでなく、女子部員も含めた部全体のレベルアップが図られているように感じます。

どの生徒も「一人一人が自分のやるべきことをしっかりやる」、そのような姿を見ることができる夕暮れ後の校内です。

学校説明会に向けて

明日、中学校で行われる学校説明会に、大三島分校からは3名の生徒も参加します。

1,2,3年生が、それぞれ大三島分校の概要や魅力について話をしてくれることになっています。

パソコン教室では、時間内に説明を終えることができるように、プレゼンに合わせて最終チェックが行われていました。

3名の皆さん、明日はよろしくお願いします。皆さんの言葉が中学生に届くことを期待しています。

 

 

令和2年度卓球新人大会東予地区予選

25日(土)、26日(日)に卓球部12名の生徒が東予新人大会に参加しました。新チームになってから「団体で県大会出場」をチーム目標とし練習に取り組んできました。男女シングルス・女子団体は思うような結果を得ることができませんでしたが、男子団体がベスト8まで勝ち上がり、県大会への切符を手に入れました。県決めの試合では、1番手のキャプテンが素晴らしいプレーをし、それを観ていた1年生が奮起!厳しい場面でも声を掛け合い、終始いい雰囲気で勝ち抜くことができました。準々決勝でも粘りあるプレーで接戦となりましたが、ベスト4まであと一歩及ばず・・・非常に悔しい敗戦となりました。この悔しさをバネに、個々のレベルアップ、そして県大会1回戦勝利を目標にチーム一丸となり練習していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個別相談会(ソロオープンキャンパス)

本日、個別相談会が開催されました。

参加していただいた中学生と保護者の方に、大三島分校生2名が学校の魅力を伝えてくれました。

大三島分校の生徒の「生の声」が、参加していただいた中学生の皆さんに届いたのではないでしょうか?

個別相談会は随時開催しておりますので、大三島分校に興味がある中学生のみなさん、実際に来て大三島分校の様子を見てみませんか?

11月28日(土)には、オンライン説明会と同時に学校見学会を行います。

どちらも詳しくは当ホームページに掲載していますので、ご参照ください。

 

現代社会

4時間目、1年生は現代社会の授業でした。

今日のテーマは「直接金融」と「間接金融」です。

テーマを見ると難しそうですが、班別の学習やクイズ形式を取り入れた授業で楽しく学ぶことができました。

ニュースを見たり新聞を読んだりしたときに、「なるほど!」と思うことができるようになる内容でした。

授業で学んだことを身近な日常の生活や、社会の動き・変化などに活用できるよう、実践的な力を身に付けていきましょう!

 

 

 

大山祇神社の鳥居の高さは?

昨日の数学の授業では、三角比を用いて校舎の高さを計測しました。

今日は何と大山祇神社の鳥居の高さ測定にチャレンジしました。大山祇神社には、宮浦港そばの「一の鳥居」と神社そばの「二の鳥居」があります。学校から自転車で移動して、2つの鳥居を計測しました。果たして三角比を用いて計測した高さは、神社の方に伺った高さと比べてどうだったでしょうか。結果と考察は写真の下に掲載します。

【結果】

・三角比を用いた計測結果:一の鳥居・・・・9.7m、二の鳥居・・・7.2m

・神社の方に伺った値  :一の鳥居・・・10.7m、二の鳥居・・・7.9m

三角比を用いた計測結果の方が、どちらも小さい値となりました。

【考察】「一の鳥居」における1mの差は?

・昨日計測を行った3階建て校舎(本館)の高さは約10mでした。三角比を用いて求めた高さと実測値とでは10cm程度の誤差だったので、生徒の計測ミスはなかったものとして以下の考察を行いました。

・昭和8年に建立された一の鳥居の周りは、当初は土でした。(小ネタ→「一の鳥居」は、つなぎ目のない一本の石でできた一本作りの鳥居で、建立された当時は日本一の高さであったと言われています。)海のそばということもあり、過去に地盤沈下が起こり埋め立てを行ったそうです。また、現在では周りをアスファルトで舗装しています。そのような理由から、建立当時の高さから、現在では1m程度低くなってしまったのではないでしょうか。

・測定は、笠木(鳥居の一番上に載っている横長い部分)の中央部分で行いました。鳥居をよく見ると、笠木の中央から両側にむけてそり上がって高くなっています。鳥居の高さを表す場合、笠木の端の一番高いところの高さで表すのであれば、今回測定した笠木中央部分よりも実際は少し高いことになります。

 (数学指導:N野A寿、文責:ABJ)

 

校舎の高さは何m!?

3年Ⅰ型の数学の授業で「三角比」を用いて、校舎と体育館の高さの測定を行いました。建物の高さは、測定したい建物の真下からの距離と頂上を見上げた時の角度から求めることができます。角度を求める際に必要な道具も手作りし、いざ、測定へ!二人で協力して角度を測っていました。教科書や問題集の問題を解くだけでなく実際に自分たちで測定することで、数学の考え方が生活の中にいかに使われているかわかってよかったという意見もありました。

次の授業で各班が測定した結果を計算し発表します。どの班が一番正確に測定できたか楽しみです。

 

 

 

フードデザイン

5時間目の時間帯、職員室近くの特別教棟へと続く渡り廊下から、何やら楽しそうな声が・・・。

早速行ってみると、3年生のフードデザインの授業で小麦粉を使ったお菓子作りが行われていました。

小麦粉を使った料理の歴史や特徴をしっかりと学び、自分たちで工夫しながらお菓子作りを楽しんでいました。

あまりにも楽しそうな雰囲気のためか、職員室にいた先生方も引き寄せられるように集まっています。

少人数ならではの、アットホームな雰囲気の調理実習でした。

おいしいお菓子をありがとう。ごちそうさま!

 

 

 

放課後の校内

放課後の校内では、文化祭や観光甲子園に向けての活動が行われています。

音楽教室では、音楽部の生徒が文化祭や高文祭での発表に向けて、熱心に練習を行っています。

 

3階の教室では、2年生がipadを使って文化祭で公開する動画撮影を行っています。楽しい動画ができそうなので、とても楽しみです。

 

パソコン教室では、観光甲子園の日本遺産部門にエントリーするための動画編集を行っています。細かいところまで考えながら、より良い作品にしようとがんばっています。

 

 

進路実現に向けて

本館2階、3年生が主に使用する教室では、一人一人の進路実現に向けた活動が行われていました。

面接練習や出願準備、補習と、一人一人がやらなければならないことは違いますが、3年生が一丸となって進路実現を目指してがんばってくれています。

大三島分校で学んだこと、経験したことを存分に生かして、それぞれが希望する場所に進めるようにがんばりましょう!

 

 

 

華道部

放課後の生化教室では、華道部が活動しています。

外部の先生にもご指導いただきながら、静かな環境の中で集中して作品を作り上げていきます。

部員全員が同じ花材を使って作品を作りますが、作品にはそれぞれ違いがあり、一人一人の個性が輝いているように感じられます。

今日も作品を職員室に届けてくれました。いつもありがとう!

 

 

 

 

野球部

放課後になると、グラウンドから野球部の元気な声が響いてきます。

限られた時間を有効に使って、多くの練習メニューを確実にこなす充実した活動になっています。

他校との練習試合を実施し、そこからチームの課題を発見し、それを解決しようとしていることがよく分かる練習です。

これから冬にかけて、チーム力の向上を目指してより一層練習に励んでくれるものと期待しています。

 

地域防災について考えるwith東京大学②

東京大学(工学部都市工学科)の羽藤先生と地域防災について考える学習活動第二弾です。

3年生の「地学」の授業では、これまで起きた災害と大三島の地質との関連性を調査していこうとしています。今日は2年前の豪雨災害で土砂崩れが起きた現地調査を行いました。大雨によって崩れやすそうな泥岩の露頭や急斜面も観察できました。

今後、さらに調査を進めていきます。

「日本遺産フェスティバルin今治」公開講座での発表

2020年10月10日(土)に行われた、「日本遺産フェスティバルin今治」の公開講座において、講師として大三島分校の生徒が発表を行いました。

日本遺産フェスティバルの公開講座で、高校生が講師を務めるのは初めてということもあり、発表生徒は緊張していたものの、無事発表することができました。発表を聞いてくださった方に村上海賊の魅力が伝わり、PRできたのではないでしょうか。

発表までの時間では、日本遺産に認定された数多くのブースを回り、日本全国の日本遺産に関する理解を深めることができました。

また、「観光甲子園の日本遺産部門」にエントリーし、3分間の動画を現在作成しています。今月中の完成を目指していますので、完成を楽しみにしていてください。

今回の発表と動画作成の様子は、近日中に南海放送の夕方のニュースで放送予定です。

卓球部

放課後になると、講堂は卓球部の練習場となります。

今月の24日(土)、25日(日)に開催される新人大会東予地区予選に向けて、男子7名、女子5名の部員が精力的に活動しています。

 

団体戦での県大会出場を目標にがんばっています。

部員一人一人が「部としての目標」を達成するために、やらなければならないことや克服しなければならないことに果敢に挑戦して、部全体の更なるレベルアップを図ってくれることを期待しています。

朝の募金活動

朝、生徒が登校してくる時間になると、家庭クラブ役員の皆さんが正門に立ち、募金を呼びかけています。(毎朝ありがとうございます!)

今回、呼びかけている「赤い羽根共同募金」で集められたお金は、子どもたちや高齢者、障がい者の方々を支援するさまざまな福祉活動に役立てられるほか、災害時には被災地支援にも役立ちます。

 

 

「自助・共助・公助」の大切さが問われている中で、募金をすることで「共に助け合うことの大切さ」や、「自分の行動が誰かの役に立つ」ということを学ぶきっかけにもなるのではないでしょうか。

授業の様子

1年生から3年生までの授業の様子(一部)をご紹介します。

1年生は「情報」、2年生は「数学」、3年生は「政治・経済」の授業です。

1年生の情報の授業では、パソコン教室でプレゼンテーションの方法について学習していました。分かりやすく情報を伝えることの大切さを学ぶことができました。

2年生の数学の授業では、問題演習が行われていました。先生が生徒一人一人の様子を見ながら丁寧に指導していました。

3年生の政治・経済の授業では、戦後の日本経済の歩みについて調べ学習を行っていました。グループを作って、参考となる文献やタブレットを用い、話し合いながら学習を進めていました。

 

どの授業も生徒一人一人が主体的に活動し、「分かる」を感じ取ることができる授業でした。

大三島分校の生徒の皆さん、日々の授業を大切にして学習を進めましょう!

 

ボート部

玉川ダムでの練習にも参加するなど、強化に努めているボート部です。

今日は、艇庫前の与吉が浜で通常の練習を行っていました。

練習で使用するボートの準備を協力しながらしっかりと行い、一人乗り、二人乗りのボートが海へと漕ぎ出していきました。

西日が強く、海面にも反射するので海で活動するボート部員の姿を確認することが難しい状況でしたが、それぞれのボートに乗り込んだ部員は元気に活動していたようです。

また、夕方の与吉が浜の景色は美しく、部活動をするには最高の場所です!

 

   

懸垂幕が増えました!

今日の午前中、2つ目の懸垂幕が本館に設置されました。

写真部の「写真甲子園2020」全国大会出場を祝うものです。

校舎をみると、懸垂幕を設置するスペースはまだあります。

次はどのような懸垂幕が設置されるのか、今から楽しみです。

職員研修(先生も学びます②)

今日は中間考査の最終日でした。

午後には、この期間中2回目となる職員研修会が開催されました。

今回のテーマは「アンガ-マネジメント」です。

しっかりと学び、温かい人間関係の構築をとおした、より良い教育活動の展開に努めます。

愛媛県総合教育センターから講師の先生をお招きし、充実した内容の講座を実施していただきました。

お忙しい中、ご来校いただき誠にありがとうございました。

 

職員研修(先生も学びます)

中間考査期間を利用して、先生方も学びを深めています。

29日(火)には、松山聾学校からお二人の先生をお招きして、聴覚障がいについての理解を深めました。

また、後半の質疑応答では、活発な意見交換が行われました。

 

松山聾学校のお二人の先生、大三島分校へお越しいただきありがとうございました。

第2回えひめ記録会(陸上部)

9 月 26 日(土)、27 日(日)の2日間、陸上部の選手が愛媛県総合運動公園陸上競技場で開催された「第2回えひめ記録会」に出場しました。

1日目は2年生と1年生が走幅跳に、1年生が200mに出場しました。走幅跳に出場した2年生選手は安定して4m60cmを出せるようになってきています。1年生選手と200mに出場した選手は自己記録を更新することができました。

2日目には1年生選手が円盤投や100mに出場しました。円盤投に出場した2名の選手は自己記録を更新し、100mに出場した選手は、前回の反省を活かして頑張る姿勢がみられるなど、よくがんばっていました。

 

 

 

中間考査

本日から中間考査が行われています。

どの学年の生徒も真剣な態度で試験に取り組んでいました。

考査期間中、限られた時間を有効に使って、学習に取り組んでください。

 

県高校陸上競技新人大会

陸上部が9月19日(土)から21日(月)に愛媛県総合運動公園陸上競技場で開催された愛媛県高等学校陸上競技新人大会に参加しました。

 

 

初日は走幅跳と円盤投に出場しました。走幅跳では自己記録を1cm更新し、東予地区の選手の中では7人中2位の記録でした。円盤投に出場した選手は今回がデビュー戦でしたが、試技を3回ともしっかりと投げ切り、13m87cmの記録を出しました。

2日目は円盤投と100mに出場しました。円盤投に出場した選手は、夏休み以降に投法練習をしていたハーフターンでの試技に一度挑戦しました。記録が順調に伸びてきているので、これからに期待です。

3日目は200mとやり投に出場しました。200mに挑戦した選手は、中学時代の自身の記録を更新することができ、確実に成長してくれています。やり投に出場した選手は、投げ方を工夫しながら練習を続けてきました。状態を戻し、好調の波に乗ることを期待しています。

認知症サポーター養成講座

今治市社会福祉協議会の職員の皆様にご来校いただき、2年生を対象に「認知症サポーター養成講座」を実施しました。

分かりやすい資料や映像を見ながら、認知症を理解し、認知症の方々との関わり方を学びました。

 

 

 

考える時間や活動する時間を取り入れていただき、楽しく学ぶことができたようです。

今治市社会福祉協議会の皆様、ご指導いただきありがとうございました。

今回学んだことを生かし、さらに学習を深めていきます。

生徒会役員選挙

18日(金)、新しい生徒会役員を決めるための立会演説会と選挙が行われました。

今回の選挙には多くの1,2年生が立候補し、各立候補者や応援演説者が生徒会役員に向けての決意や思いを全校生徒の前で立派な態度で話してくれました。

投票には、大三島支所からお借りした記載台と投票箱を使い、実際の選挙と同じように行われました。

【投票箱の中をチェック】

【投票】

 

生徒の皆さん一人一人が、自分が投票した一票の重みや大切さを感じ取って欲しいと思います。また、このような機会をとおして、「自分の意志でリーダーを選ぶ眼」も養って欲しいと願っています。

地域防災について考えるwith東京大学

1年生がZoomを使って東京大学(工学部都市工学科)の羽藤先生と地域防災について考えました。

東日本大震災からの復興の様子や問題点を学んだ後、生徒自身が経験した自然災害について発表しました。

 

 

大三島や近隣の島嶼部では、2年前の西日本豪雨で土砂崩れ等が起こり、人的物的な被害が発生しました。

自分たちが生活する場をどのように災害から守っていくのか、これからじっくりと考えていく契機となりました。

羽藤先生との活動は、これからも続いていきます。大三島分校の生徒一人一人が地域防災の担い手となることができるように、さらに学習を深めます。

2020年度愛媛県卓球選手権大会

9月13日、男子シングルスに1名参加しました。

結果は1回戦敗退でしたが、他の選手や一般の試合も観ることができ、大きく成長することができました。次回の全日本卓球選手権大会に向けて頑張ります!

醸造用ぶどう収穫体験と県東予地方局若手職員の皆様との交流会

大三島みんなのワイナリー醸造用ぶどう園地で、県東予地方局今治支局の職員の皆様とぶどう収穫体験を実施しました。

NHKに取材していただき、当日のニュースで放送されました。ネット上から視聴できます。

9月16日(水)愛媛新聞の朝刊でも記事を掲載していただきました。

一つ一つ丁寧に収穫し、その作業には大変な手間がかかることを学ぶことができました。

 

収穫体験を終え、今治支局職員の皆様と意見交換会を行いました。

 

収穫したぶどうを使って、ワインを製造することについても詳しくお話を聞くことができました。

 

大三島分校生に地域資源や、それを生かした産業について学び、体験する機会を与えていただきました、県東予地方局今治支局の皆様、大三島みんなのワイナリー川田佑輔様、誠にありがとうございました。また、取材にお越しいただきました報道各社の皆様にも厚く御礼申し上げます。

ジーク先生とのお別れ会

9月11日(金)放課後、これまでALTとしてご勤務いただいた、ゼキエルファーガン(ジーク)先生とのお別れ会を生徒会主催で行いました。

ジーク先生からごあいさつをいただいた後、生徒会から記念品を贈呈しました。

 

最後は全校生徒と記念撮影。

ジーク先生、これまでご指導いただきありがとうございました。

新天地でのご活躍を心からお祈り申し上げます。

 

素敵な写真とメッセージ

運動会が終わり、今日から分校生は授業にしっかりと取り組んでいます。

本館1階の渡り廊下には、がんばる分校生の背中を押してくれるような

素敵なメッセージが掲示されています。

一度立ち止まってじっくり見てください。ひょっとすると、何かの力を

もらえるかもしれませんよ。

 

 

運動会

延期していた運動会を本日実施しました。

蒸し暑い中での運動会でしたが、3年生を中心に分校生全員が元気にグラウンドで躍動しました。

 

【開会式】

本館屋上に国旗・今治北高校校旗・大三島高校校旗が掲げられ、いよいよ運動会がスタートです。

 

 

【競技】最後まで緋龍・黄鶴の両ブロックが僅差で争っていました。どの競技も分校生のがんばりで見応えがありました。

運動会に向けた準備や運動会当日の活動で、学び得たことがたくさんあると思います。学んだことを今後の学校生活に生かすことができる大三島分校生であってほしいと願っています。

様々な場面で中心となって活動した3年生の皆さん、本当にありがとうございました!

 

運動会準備②

午前中に足場が組み立てられ、いよいよアーチが掲げられました。

【作業場となっていた講堂からアーチを運びます】

 

【安全第一でアーチを取り付けていきます】

 

【明日のお披露目までシートを掛けておきます】

明日は各ブロックのアーチを背景に、グラウンドで躍動する大三島分校生の姿を楽しみにしています。

運動会準備①

明日の運動会に向けて、全校生徒で準備を行いました。

【テント立て】          【用具準備】

 

【入場門】            【得点ボード】

 

全員が自分の役割を果たしたことで、効率よく予定時間よりも早く準備を終えることができました。

明日は体育館横に置かれている得点ボードに、それぞれのブロックの得点が入ります。競い合うことで充実した運動会にしてほしいと思います。

全校応援練習

運動会本番までの最後の準備・練習日となりました。

今日はグラウンドで全校応援の練習が行われ、応援リーダーの指導のもと、まとまりのある応援の声が響いていました。

運動会当日も、すばらしい全校応援を披露してくれそうです!

 

 

台風10号が非常に強い勢力のまま近づいています。

生徒の皆さん、明日、明後日の休日の生活には気を付けてください。

運動会予行②

入場行進です。

今年は代表者のみの行進です。

 

予行の一コマです。

用具係の生徒は担当の先生と入念なチェックを行っていました。

走シャル・ディスタンス

タイヤを思い通りに動かすことは難しい・・・。

ジャンプジャンプはねて♪

なかなか軽快な8の字跳びでした。

リレーは予行ならではのお互い様子見。当日の迫力ある走りに期待です。

予行が終わるとブロック別の活動です。

応援練習にも力が入っています。

 

運動会予行①

台風9号の影響で少し風が強い中での運動会予行でしたが、無事に終えることができました。

障害走の準備をしています。競技名は「走シャル・ディスタンス」。

なかなかナイスなネーミングです。

自転車でいかにゆっくりと進むことができるか、その名も「スローリー」。

自転車に乗るときにはヘルメット!こちらも準備万端です。

一見、ふつうの玉入れに見えますが、実は・・・「玉入れさせない」です。

この写真では分かりづらいのですが、他のブロックの生徒が籠の前で玉をブロックしています。

それでもたくさんの玉を入れることができていました。

閉会式の練習。表彰式も練習しました。運動会当日、実際に表彰されるように、緋龍も黄鶴もがんばりましょう!

応援練習

運動会の応援合戦。見どころの一つです。

緋龍・黄鶴の両ブロックとも練習で大きな声をグラウンドに響かせていました。

【緋龍】             【黄鶴】

 

運動会の当日、迫力があり、さらに統一感のある美しい応援を

両ブロックが見せてくれることを楽しみにしています!

 

運動会に向けて

9月に入り、運動会に向けた活動が益々充実しています。

今日は開会式・閉会式の練習が行われました。

 

暑い中での練習でしたが、分校生は真剣に取り組むことができました。

 

アーチや応援も仕上げの段階のようです。

運動会当日にすばらしいものを見せてくれるものと期待大です!

今日は山の緑が映える青い空、抜群の天気でしたが、天気予報が・・・。

清々しい秋空の下、運動会が開催されることを祈るばかりです。

 

全国高等学校総合文化祭 写真部門 優秀賞

令和2年度全国高等学校総合文化祭の写真部門において、大三島分校2年の船吉諒太郎君が、見事優秀賞を受賞しました。最優秀3点に次ぐ大変素晴らしい賞です。

このほど、懸垂幕が完成して校舎に設置しました。

また、毎日新聞にも記事を掲載していただきました。

 → 毎日新聞のデジタル記事はこちら

日本遺産「村上海賊」紹介リーフレット完成発表会

2020年8月28日(金)に村上海賊ミュージアムにて、昨年度作成した「村上海賊」紹介リーフレットの完成発表会があり、大三島分校から2年生2名が参加しました。

作成において苦労したことや、村上海賊に関係のある史跡調査を行って得られた学びなどについて感想を述べました。

10月10日(土)に開催される日本遺産フェスティバルでは、大三島分校も発表を行う予定です。

また、今年度は観光甲子園の日本遺産部門にエントリーしており、3分間の動画を作成中です。11月完成予定です。乞うご期待!

 

「えひめ暮らし」パンフレットの表紙撮影

愛媛ふるさと暮らし応援センター様が作成する愛媛県への移住希望者向けパンフレットの表紙撮影が、大三島のしまなみ公園で行われ、4名の大三島分校生が参加しました。

しまなみ公園は、大三島と生口島とを結ぶ多々羅大橋のすぐ近くにあり、景色がとても美しい場所です。今日も多くのサイクリストが立ち寄っていました。

 

パンフレットは大都市圏を中心に、全国各地に配付されるそうです。

参加した分校生は、地域の方々と一緒にとても良い表情でカメラに収まっていました。パンフレットをご覧になった方々が、大三島や愛媛を知り、その良さを感じ取ってくれることを期待するばかりです。

愛媛ふるさと暮らし応援センター様、分校生に良い機会を与えていただき、誠にありがとうございました。

残暑お見舞い申し上げます

3年生が残暑見舞いを書いてくれました。

 

どれも素敵な写真にメッセージが添えられています。

 

まだまだ暑い日が続きそうですが、暑さに負けずに運動会準備・部活動・勉強にがんばりましょう!

「写真甲子園2020」で四国ブロック審査会に進出

 写真部の高校日本一を決める大会といっても過言ではない「写真甲子園」に今年もエントリーしています。先日、初戦審査会の結果が発表されました。四国ブロック審査会へ進出(5年連続5回目)という結果でした。写真部3年生3名のチームで望んでおり、大三島の素敵な方々や風景写真8枚を組んだ作品です。撮影に協力してくださった方に感謝いたします。

 全国大会への出場をかけたブロック審査会の結果発表は9月18日の予定です。

卓球選手権大会今治地区予選

8月23日、今治市営中央体育館で実施された大会に、11人が個人シングルスで参加しました。

今までの課題を少しずつ克服し、試合に挑むことができました。

男子1人がベスト8となり、県大会に出場します。

1ヶ月ありませんが、向上心高めて練習を頑張っていきます!