地域防災について考えるwith東京大学②

東京大学(工学部都市工学科)の羽藤先生と地域防災について考える学習活動第二弾です。

3年生の「地学」の授業では、これまで起きた災害と大三島の地質との関連性を調査していこうとしています。今日は2年前の豪雨災害で土砂崩れが起きた現地調査を行いました。大雨によって崩れやすそうな泥岩の露頭や急斜面も観察できました。

今後、さらに調査を進めていきます。