大三島分校日記

中間考査

本日から中間考査が行われています。

どの学年の生徒も真剣な態度で試験に取り組んでいました。

考査期間中、限られた時間を有効に使って、学習に取り組んでください。

 

県高校陸上競技新人大会

陸上部が9月19日(土)から21日(月)に愛媛県総合運動公園陸上競技場で開催された愛媛県高等学校陸上競技新人大会に参加しました。

 

 

初日は走幅跳と円盤投に出場しました。走幅跳では自己記録を1cm更新し、東予地区の選手の中では7人中2位の記録でした。円盤投に出場した選手は今回がデビュー戦でしたが、試技を3回ともしっかりと投げ切り、13m87cmの記録を出しました。

2日目は円盤投と100mに出場しました。円盤投に出場した選手は、夏休み以降に投法練習をしていたハーフターンでの試技に一度挑戦しました。記録が順調に伸びてきているので、これからに期待です。

3日目は200mとやり投に出場しました。200mに挑戦した選手は、中学時代の自身の記録を更新することができ、確実に成長してくれています。やり投に出場した選手は、投げ方を工夫しながら練習を続けてきました。状態を戻し、好調の波に乗ることを期待しています。

認知症サポーター養成講座

今治市社会福祉協議会の職員の皆様にご来校いただき、2年生を対象に「認知症サポーター養成講座」を実施しました。

分かりやすい資料や映像を見ながら、認知症を理解し、認知症の方々との関わり方を学びました。

 

 

 

考える時間や活動する時間を取り入れていただき、楽しく学ぶことができたようです。

今治市社会福祉協議会の皆様、ご指導いただきありがとうございました。

今回学んだことを生かし、さらに学習を深めていきます。

生徒会役員選挙

18日(金)、新しい生徒会役員を決めるための立会演説会と選挙が行われました。

今回の選挙には多くの1,2年生が立候補し、各立候補者や応援演説者が生徒会役員に向けての決意や思いを全校生徒の前で立派な態度で話してくれました。

投票には、大三島支所からお借りした記載台と投票箱を使い、実際の選挙と同じように行われました。

【投票箱の中をチェック】

【投票】

 

生徒の皆さん一人一人が、自分が投票した一票の重みや大切さを感じ取って欲しいと思います。また、このような機会をとおして、「自分の意志でリーダーを選ぶ眼」も養って欲しいと願っています。

地域防災について考えるwith東京大学

1年生がZoomを使って東京大学(工学部都市工学科)の羽藤先生と地域防災について考えました。

東日本大震災からの復興の様子や問題点を学んだ後、生徒自身が経験した自然災害について発表しました。

 

 

大三島や近隣の島嶼部では、2年前の西日本豪雨で土砂崩れ等が起こり、人的物的な被害が発生しました。

自分たちが生活する場をどのように災害から守っていくのか、これからじっくりと考えていく契機となりました。

羽藤先生との活動は、これからも続いていきます。大三島分校の生徒一人一人が地域防災の担い手となることができるように、さらに学習を深めます。